社会人になり実感したストレスと肌荒れ

dareru

肌荒れの原因としてあげられる一番厄介な原因はストレスです。
現代の社会人なら誰でもかかえているストレス。私もこのストレスによる肌荒れに悩まされた一人です。

社会人になるまでは、肌荒れとは無縁の生活を送っていました。
化粧して寝ても次の日落とせば何もなかったことのように元に戻り、夜中まで飲み歩いて翌朝睡眠をほとんどとらなくても、化粧ノリはいつもと一緒。このような今考えるととても夢のような生活を送っていました。

しかし、社会人になり毎日多くのストレスを抱えるようになってくると、Uゾーンにポツリポツリとニキビができ始めました。それを化粧で隠す毎日。ニキビは増殖する一方でした。
社会人も2年目になり、だいぶ慣れてきたころから、会社との付き合い方にも慣れ、休みの日には思いっきりリフレッシュをして生活に余裕が出てくると、気になっていた肌荒れも治まりだしました。

大事なのは、仕事モードからのプライベートはできるだけ日頃のストレスを発散させること。私は昔からカラオケと飲みが大好きだったので、週末は羽目をはずして楽しんでいました。
あとはスキンケア方法を見直す事。安くてもいいので化粧水を惜しみなく使い、乾燥を徹底して防ぐことです。

最後に、自分が思っているほど他人は気にしていないので、思い詰め過ぎず、気にしないことが一番です。
気にするストレスが一番お肌にとって悪い事のように思います。