乾燥するのにニキビができる肌のケア

kanso

乾燥するのにニキビができるという肌質には、多くの方が悩まされています。
ニキビは、思春期に皮脂が過剰に分泌される頃から出始める皮膚疾患で、皮脂が毛穴をふさぐことにより毛穴に詰まった皮脂や角質が原因で肌が炎症を起こした状態。若いうちは多くの方に発症する皮膚疾患です。

一般的には過剰な皮脂を洗い流すため、洗顔回数を増やしたり、洗浄力の高い洗顔料でケアすることが推奨されています。思春期のニキビは時期が来ると出なくなるケースもありますが、その後大人のニキビに悩まされることもあります。

大人のニキビは、皮脂の分泌だけが原因とは考えられていません。
肌のターンオーバーが乱れたり、ストレスなどでホルモンバランスが崩れたり、乾燥によりできることがあります。

思春期のニキビのように皮脂を除去するための洗顔を続けていると、乾燥肌になってしまい、余計に皮脂が出てしまったり、刺激によってニキビになりやすくなります。

乾燥するのにニキビができる方はマイルドな洗顔料を使用して、泡で洗顔するようにし、洗顔後は保湿力の優れた化粧水でのケアがおすすめです。保湿をしっかり行うことによって、皮脂の分泌を抑え、ニキビができにくい肌に導きます。

皮脂を取った後、保湿をなにもせずにいると皮膚は皮脂の分泌を必要以上にしようとします。その結果ニキビが治らない、増えるという悪循環が生まれます。
自分はニキビができておりオイリー肌と思い込んでいても、実は肌の水分量が少なく乾燥状態にあるという方は少なくないと思います。
過剰な脂を取り、化粧水で肌に水分を与えてから乳液、クリームなどできちんと蓋をする。それがニキビ肌解消には必要です。