ほうれい線ができる原因と、改善のアドバイス

●ほうれい線ができるメカニズム

ほうれい線ができる原因は大きく言うと2つあります。
1つは、「表情筋の衰え」です。口の周りには、筋肉がありますが、
ここを使う機会がすくないとだんだんとその筋肉の弾力が衰えてきて、
皮膚を持ち上げる力がなくなり、それが表面的には「へこみ」になって、
ほうれい線が生まれてしまいます。

2つめは、「加齢による皮膚の弾力の衰え」です。
皮膚には肌の弾力を生むためのコラーゲンやヒアルロン酸がありますが、
加齢によってこれがだんだんと少なくなってきます。
そうなると、空気の抜けた風船と同じで皮膚の弾力は亡くなり、
重力によって口の周りの肉が垂れてきて、
ほうれい線ができることになります。

harf

●ほうれい線を消すためにすべき対策

このほうれい線を消すためには、以下のことを試してみて下さい。
1つはフェイシャルマッサージを行って、
口の周りの表情筋を活発にし、ほうれい線を消すことです。
具体的には、まず口の中に両方の人差指を入れて下から上へ向けマッサージしてください。
これによって口内筋が鍛えられます。

そして、次に口を「う」を言う時に形になるようにすぼめ、
その次に頬を膨らませます。これによって頬の筋肉を鍛えます。
そして最後に、頬を外側からつまんで、ほぐします。
これを1日に10セット行います。これによって、かなり口の周りの表情筋が活発化します。

そして2つめは、コラーゲンと、ヒアルロン酸の補給です。
これはアンチエイジングの化粧品には良く配合されているので、
それをつかってたっぷりと肌に塗り込んでください。
以上を行うことで、ほうれい線はかなり解消されていきます。