大人ニキビ乾燥肌にできる理由

●乾燥肌は毛穴詰まりを起こしやすい

大人ニキビは、よく10代の頃にできる思春期ニキビとは違い、
むしろ脂性肌の人より乾燥肌にできやすいのが特徴です。

大人ニキビがよく出来る箇所というのは、
皮脂の分泌量が比較的少ないフェイスラインや顎周りが中心となります。
なぜ乾燥肌の人にとりわけ大人ニキビができやすいか?というと、
水分を少しでも保有しようと角質を分厚く張り、
その影響で皮脂を溜め込む毛穴詰りを促進させてしまうからです。

そして大人ニキビができた肌というのは、
酷くバリア機能を失っている状態でもあるので、
皮脂量を余分に蓄えがちなのも特質です。
更に大人ニキビを抱えやすい人の中には、
日頃から過剰なストレスを浴び、
自ら男性ホルモンの分泌を増進させてしまっているというケースも多いです。

●保湿ケアと生活習慣の改善がカギ

syoku
このような肌ストレスを少なくするには、睡眠不足をなくし、
保湿化粧品で少しでも保水成分のセラミドを角質に増やす努力や、
活性酸素を抑えるビタミン野菜を積極的に摂るなど、
生活習慣の内容を見直してみる事も必要です。

生活習慣の質を向上させるだけでも、
肌のターンオーバーが1か月単位に規則正しくなり、
お肌の水分と必要な皮脂量のバランスが保ちやすくなる事から、
ニキビケアには大変有効です。

特にフェイスラインや顎周囲の肌は、
新しい肌細胞を再生しようとするターンオーバーが頻繁に行われている箇所でもあるので、
少しでも保湿ケアが怠ると硬く角化しやすいです。
常に柔らかい肌を保ちつつ乾燥を抑えるには、
保湿の持続効果のあるビタミンC配合の基礎化粧品は是非1本揃え、健常な肌を保ちましょう。

毛穴の開きや黒ずみの予防と改善

●毛穴のトラブルは肌荒れ・ニキビの原因に

毛穴の開きや黒ずみは毛穴トラブルの代表的な悩みです。
これらのトラブルが起こる理由としては加齢や保湿力低下、
間違ったスキンケア等が挙がり、肌を正常な状態に保つ事が出来ると毛穴トラブル全般を防いだり改善する事が可能です。

ここで言う正常な状態とは、
肌が外部の刺激から保護する力が備わっていて、
皮脂や水分バランスの取れた潤いのある肌であり、
肌の生まれ変わりサイクルも規則正しく行われる状態です。

皮脂や水分バランスを崩した肌は毛穴に皮脂の過剰分泌を起こしたり、
肌荒れ全般を引き起こす事になります、
外部からの刺激に弱くなり細菌増殖しやすくニキビが発生するリスクも高まります。

毛穴のトラブル

●毛穴の黒ずみは日々のスキンケアで改善

毛穴の黒ずみ(黒ニキビ)は毛穴に詰まった皮脂汚れが外気に触れて参加する事で起こります、
毛穴が開いてそこに汚れが溜まらないように穴を塞ぐケアを行う必要があり、
黒ずみを予防する事は開きを改善する事が土台になります。

毛穴の汚れは洗顔の時に蒸しタオル等で毛穴を開いて、
泡立てた洗顔料を包み込むようにすると比較的簡単に取り除けます、
しかし、毛穴の汚れが取り除けても穴が開いたままになると汚れが溜まって結局毛穴を開いたり黒ずみを起こします。

ですから毛穴を引き締めるケアが必要になり、
収斂性のある化粧水等で保湿ケアを徹底する事が必要になります、
洗浄と毛穴を塞ぐ保湿ケアを行う事で肌は正常な状態に近づけていく事が出来ますし、
毛穴が小さくなっていけば毛穴開きや黒ずみが起こる可能性が減っていきます。

即効で治す事は難しいものですが、継続的にケアを続けていく事で毛穴トラブルを防ぎ改善に向かいます。

目の下のクマは消える?原因と改善方法

aye

●目の下のクマは何故できる?その原因とは

日本の女性の場合、目の下のクマが目立つ時に多い理由は次の通りです。
*食事事情により、鉄分欠乏によるもの
*加齢によるもの
*皮膚の状態によるもの

これらは、見た目で3つの色分けで呼ばれることも。
鉄分欠乏の場合には、「青クマ」と呼ばれています。
疲労などの条件が重なり、身体中がエネルギー不足を引き起こし、血行不良に陥っているのです。
また、加齢で見られるようになる「黒クマ」は、その名の通り年齢肌の症状のひとつです。
そして、「茶クマ」は日焼けによる色素沈着が要因ともなっています。

●目の下のクマを前向きに解決しよう!

それぞれに効率的な予防は異なります。
まず、「青クマ」には食事療法と充分な睡眠が不可欠です。
血行を促すビタミンEや、鉄分を補うのが最適。
例えば、レバーやアーモンド、緑黄色野菜を積極的に摂るのがおすすめです。
睡眠時間の確保が難しい場合には就寝時間を遅らせるのではなく、早寝早起きがベターです。

「黒クマ」には、目を労わるのが一番です。
パソコンなどの使用を控えて、目元の潤いに気遣ってみましょう。
アイクリームやパックを使用するのも一案です。

また、「茶クマ」には日焼け対策が欠かせません。
顔の主な部分だけではなく、目元にもしっかり塗布しましょう。

全てのクマの改善策としておすすめなのは、優しいマッサージです。
けっして強く押したり、擦ったりしてはいけません。
ゆっくりと優しく撫でるような感じで。
低刺激のオイルなどを用いてマッサージすると、肌への負担が軽くなります。
また、充分な休息も心掛けて欲しいポイント。
睡眠の質にこだわり、夜遅い食事を控えたり、お酒を断つなどのダブル対策は効果的です。

そして、最後に忘れてならないのは表情を明るくすること。
クマがあると気分も晴れませんが、かといって表情を暗くしているとクマも際立って目立ってしまうものなのです。
対策が功を奏するまでは、メイクと笑顔で明るく乗り切りましょう!